ペリンドプリルエルブミンはACE阻害薬に系統

ACE阻害薬には、アンジオテンシンという物質が作られるのを防ぐ効果があります。
このアンジオテンシンは、末梢の動脈を収縮させ、血圧を上げる、ナトリウムを体内に蓄積させ昇圧ホルモンを副腎から分泌させる働きのある物質です。

循環器系統剤の中の降圧剤の一つであるACE阻害薬は血圧を下げる効果は非常に協力で、従来の内服薬では効果のなかった人でも効果があると言われています。
他の降圧剤を併用することによって、一層効果が上がるとされています。

通常、本態性高血圧症、腎性高血圧症、悪性高血圧症、腎血管性高血圧症の治療に用いられています。

ペリンドプリルエルブミン製剤は速やかに吸収され、効果が長時間継続するため、服用回数が1日1回で済みます。
原則として、食後に服用します。
服用の際には、効果が変わることがありますので、噛んだり割ったりすること無く、十分な水分と一緒に服用するようにします。

痒みや医療障害、味覚障害、動悸、ほてりや肩こりなどの副作用がある場合があります。
また、狭心症や意識障害などがおこることがありますので、体調に変化があった場合には、必ず医師に相談するようにします。
新たに他の薬を使用する際にも必ず医師に確認するようにしましょう。