コバシル服用のUA高値と下肢閉塞性動脈硬化症に効果

コバシルはアンギオテンシン変換酵素阻害薬と呼ばれる降圧剤です。循環機能を調整するレニンーアンギオテンシンーアルドステロン系が働く時、アンギオテンシンIから活性型のアンギオテンシンIIへの変換は必須の反応となります。この反応に必要な酵素がアンギオテンシン変換酵素ですが、コバシルはそれを阻害します。それによって、体内血液量増加、血管拡張が起こり、血圧が下がります。コバシルには特徴的副作用として空咳がありますが、それ以外は副作用の起こりにくい安全な薬となっています。また併用薬のある方にとっては、飲み合わせの問題がないということもメリットとなります。
ところで血清尿酸値(S-UA)の高値が高血圧を引き起こすことがあります。これには前述のレニンーアンギオテンシンーアルドステロン系の活性化が関与しています。つまりS-UAが高いことによる高血圧症に対してはコバシルのようなアンギオテンシン変換酵素阻害薬やアンギオテンシン受容体拮抗薬といったレニンーアンギオテンシンーアルドステロン系を機能させなくする薬が理にかなった治療薬となります。またS-UAの高値によって腎機能に影響が出ることがありますが、コバシルは腎保護にも有用な薬です。
また下肢閉塞性動脈硬化症は、下肢の動脈硬化が進行することによって、下肢動脈に血栓ができ、それが次第に閉塞していく状態をいいます。下肢閉塞性動脈硬化症の原因としては高血圧、糖尿病、脂質異常症などが考えられます。下肢閉塞性動脈硬化症はカテーテルやバイパスなど血管再建手術が行われますが、初期であればコバシルなど降圧剤によって進行抑制ができます。この場合、糖尿病、脂質異常症の治療も並行して行う必要があるため、コバシルは飲み合わせの問題がなく非常に使いやすい薬となっています。